美術館案内


日本に数少ない仏画・曼荼羅(マンダラ)の美術館で、安らかな心の時間を過ごしてみませんか?
安達原 玄仏画美術館は、「日常生活の中に祈り」をテーマに、一般の人々が自ら仏画を描く事を「写仏」と名付け、広めた第一人者である女流仏画師・安達原 玄の約50年に渡る制作活動において生まれた仏画と、「祈り」を共通キーワードにもつ世界のお面のコレクションを展示しております。
4.5m四方の両界曼荼羅図をはじめ、不動明王、阿弥陀如来、観世音菩薩など数十点の作品が、きっとあなたの心の交通整理のお手伝いをしてくださいます。
また、2005年愛・地球博 中央アジア共同館(タジキスタン)で展示されたアジナテパ仏跡の13m大涅槃仏は当館においでいただきました。圧巻ですので、是非ご覧ください。
ベランダでは無料でお茶のサービスもあります。仏様の下図を基に仏画を描く写仏体験(約2時間)もできます。(要予約)
八ヶ岳の南麓に位置し美術館から見える山々の美しさもご堪能いただければと思います。

2005年愛・地球博 中央アジア共同館(タジキスタン)で
展示されたアジナテパ仏跡の13m大涅槃仏は
当館においでいただきました。


 

美術館から見える美しい景色 遠く富士山も見えます。
4.5m四方の両界曼荼羅図
写仏体験もできます。

 

 

ご利用案内

開館期間: 3月20日〜11月30日(12月1日〜3月19日は休館)
(※上記休館中、ご予約いただければ開館いたします。)
開館時間: 午前9時〜午後5時
休館日: 火曜日(ただし祝祭日は開館)
入館料 一般600円 中学生300円 幼児・小学生 無料

交通のご案内


■ 自動車の場合 中央自動車道須玉I.C.より国道141号清里方面に約10分
JRの場合 中央本線韮崎駅下車 タクシー約25分
小淵沢駅下車 タクシー約20分
長坂駅下車 タクシー約10分
高速バスの場合 中央高速バス 新宿ー諏訪岡谷線 長坂高根下車 タクシー約8分


国道141号線を長坂・高根・須玉方面から清里方面に向かって右手に建物が見えてきます。
入り口が少々狭いのでゆっくり入ってください。


所在地 〒408-0019 山梨県北杜市高根町村山東割2358-5
連絡先 TEL 0551-46-2311  FAX 0551-46-2313
メール ※こちらのフォームからお問い合わせください。